中小企業をITで元気に!

あとがき

 |  | 

本コラムを書き始めて1年過ぎました。改めて振り返ってみると投稿の過程で

IT技術のトレンドが随分変わりました。特にクラウドの進展はすこぶる早いものでした。ある程度予測はできていましたが、それを上回る速度で企業に浸透しつつあります。そしてその結果、見えてきた新しい課題もあります。

そして其の上でなお、これらの問題を解決するには企業の中に情報システムに通じた技術者とそれを理解してくれる経営レベルの実力者(同一人でも可)が不可欠であるとの確信が得られたということです。安易な外部委託では解決できないtということです。

世の中は新型コロナ感染問題で騒然としていますが、アフターコロナやウィズコロナの社会は情報システムの重要性をさらに加速させます。そして中小企業が生き残るにはたとえ一時的に外部の情報システム企業に頼ったとしても最終的には自前の情報システム人材の確保と育成が絶対条件であることを重ねて主張する次第です。

中小企業経営者はこのことを肝に銘じて、実行しなければいけません。

人材面で考えればハードルが高い要求になりますが、このことについては大方の経営者は理解をしていただけるようになったと思います。問題は実行段階での優先順位にあります。どこまで社内や現場の反対を押し切って人材育成に伴う投資が継続できるか、またそのような人材の定着が可能になる人事政策を進められるかという段階に差し掛かりました。経営者はこの問題を他責にしてはいけません。大胆な決断と地道で粘り強い努力が必要です。

結局この問題も、企業は経営者次第、企業はトップの器以上には大きくならないといわれる所以に帰着します。起業するのも、企業が発展するのも、社員が高いパフォーマンスを発揮するのも経営者次第、まことに経営者とはやりがいがあり、反面リスクが高い役割であると痛感いたします。

長い間お付き合いいただき有難うございました。